団員の声を寄せて

団員名 団員の声
弓 武士 弓団長の巻頭言(2012.08.01) 団長の弓です。私の現役時代は仕事に追われ、趣味を楽しむことなどできませんでした。 クラシックとミュージカルのファンでしたので、休日に音楽鑑賞するのが一番の楽しみでした。 続きは、別ファイルをご覧ください(弓団長の巻頭言
渡邉正明
江川猛
『ロンドンデリーの歌』に寄せて(2011.12.24) 男声合唱団阪南メンネルコールは、平成23年度この曲をコーラスにのせて歌ってきた。きれいな旋律に物悲しさがこもる『ロンドンデリーの歌』のルーツが知りたいと思った。 そんな中、朝日新聞に掲載された記事(2011年7月22日 日曜版)が見つかった。 続きは、別ファイルをご覧ください。(『ロンドンデリーの歌』に寄せて
渡邉正明 男声合唱団入門記(2011.04.22) リハビリ中の妻が音楽療法に興味をもち、この一年、毎月一回の「童謡を歌う会」に参加している。私も付き添いで一緒に歌っているうちに、皆で歌うことがとても楽しいなと思うようになっていた。 そんな時、たまたま地元のコミュニティ紙の片隅に「男声合唱団員募集」の欄が目に留まった。軽い気持ちで応募してみた。 続きは、別ファイルをご覧ください。(『男声合唱団入門記』
江川猛(代筆) クラブ員にクラブに入るきっかけをアンケートましたので、一部紹介します。
◎40年前に混声合唱団でハレルヤコーラスを歌いました。もう一度歌いたくて。
◎定年近くなり合唱団を探していたところ、広報はんなんの募集記事をみて。
◎コーラス未経験だったが、第九を歌ってみたかった。
◎コーラスは難しいものと思っていた。初見学のとき、ていねいな発声練習や発声の方法を教えてもらい、ひょっとしたらもっと歌がうまくなるかもしれないと思った。
(2011.04.04)
江川猛(代筆) クラブ員にクラブに入ってよかったこと、楽しかったことを聞きましたので、一部紹介します。
◎年金暮らしになって、毎回楽しく過ごしています。
◎入部して合唱の良さを知りました。歌うことが楽しく、健康のために大変良い。
◎合唱の魅力は、みんなでパートを合わせて一つの音楽を創ることです。きれいなハーモニーはすばらしい。舞台を経験すると、その感動はとても気持ちいいです。
◎分かり易く指導していただけるので、少しずつ理解できるようになってきた。
◎コーラス仲間が増えたこと、やりがいを感じていることが一番です。
◎言葉の発声、表現の仕方でコーラスが違って聞こえることを体験し、先生の指導に驚きを経験しています。これは新しい発見です。新しい発見ができるのが、魅力の一つです。
(2011.04.04)

練習見学のご案内

練習日:毎週火曜日
時  間:午後7時から午後9時
場  所:阪南市立尾崎公民館


都合により練習がない場合もあります。練習日カレンダーでご確認、またはメール・電話でお問い合わせください。


練習日カレンダーはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

スタッフブログはこちら 写真ギャラリーはこちら 団員専用ページはこちら