団員の声を寄せて

団員名 団員の声
江川 猛 『「里の秋」の解釈について』(2017.10.13)
 童謡で良く知られる「里の秋」を歌う機会ができた。
「里の秋」は静かな曲で、田舎の秋の風情を表す詩のようであるが、3番の歌詞を見ると様子が違っている。
男声四部合唱として歌うのは1番と2番だけではあるが、3番を無視すると単なる秋の抒情詩になってしまう。そこで「里の秋」が作られた背景に何があるのか、調べてみることにした。
続きは、別ファイルでご覧ください。(「里の秋」の解釈について)
YouTubeに硫黄島 「戦没者追悼顕彰式」でこの「里の秋」が歌われる動画がアップされている。陸上自衛隊中央音楽隊のソプラノ歌手松永美智子さんが歌っています。歌の背景を知って聴くと感動します。


江川 猛 『「荒城の月」の解釈雑感』(2016.01.19)
 土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲の「荒城の月」の合唱曲を練習している。日本の名曲としてあまりに有名な「荒城の月」は小学校の唱歌として歌った記憶が最初であった。哀切のあるメロディーと七五調の歌詞は心に深くしみわたるものであった。しかし歌詞を深く読み解くには至らなかった。合唱曲として歌うとき歌詞をどのように解釈し、心を込めて歌うのかはとても重要である。この際、歌詞の意味について考察する。 続きは、別ファイルでご覧ください。(『「荒城の月」の解釈雑感』)
江川 猛 『「アスナロウの木」の歌について』(2015.12.22)
アスナロウの木という歌を練習することになった。アスナロウって何? アスナロウの木ってあるのかな。インターネットで検索すると女性コーラスや混声コーラスの演奏の様子がyoutubeにアップされている。子供たちの合唱も聞くことができる。


しかしアスナロウの木ってどんな木なんだろう。聞きなれない言葉にちょっと調べ見ることにした。 続きは、別ファイルでご覧ください。(「アスナロウの木」の歌について
前塚嘉一 『中島みゆきの名曲「糸」に寄せて』(2014.03.29)
あの中島みゆき作詞・作曲のもう名曲といわれるようになった「糸」を男声二部合唱で練習している。この曲が紹介された時、一瞬「えっ」と驚く。これまでなんどか聴いては来たが、次に「これを合唱で?」と。そして「ああ、いいな」である。時々、くちずさんでは来たが改めて、この歌詞全部を読んでみる。いい歌詞である。中島みゆきには、「時代」「地上の星」をはじめとして、人生の応援歌というべき歌が多くあり、それぞれの時に、聴き私も元気を貰ってきた。たしか「バースデイ」だったか、高校の教科書にも採用されているとか。 続きは、別ファイルでご覧ください。(『中島みゆきの名曲「糸」に寄せて』
江川 猛 『合唱の魅力~サントリー1万人の第九に参加して~』(2013.12.14)
第31回サントリー1万人の第九コンサートに参加した。参加は今年で2回目である。大阪城ホールの中央に指揮者とオーケストラが、フロアとスタンドには第九を歌う1万人の大合唱団が取り巻き、観客席は残りのフロアとスタンドの一角にあるだけ。1万人の大合唱団は出演者であり、観客でもある。 中央で指揮する佐渡裕さんの指揮棒を見て1万人が声をそろえる。指揮者のタクトが命である。大合唱団の歌声は、ホールの天井から降り注いでくる。体が震える瞬間でもある。 続きは、別ファイルでご覧ください。(『合唱の魅力』)
鳥山 明夫 『七夕コンサートの録音を聴いて』 (2013.08.05)
七夕コンサートから、ほぼ一ヶ月。演奏の興奮が冷めた今、録音を聞きました。 次のような感想です。 「テネシー・ワルツ」の先生の注意点は、合唱を聞いてワルツを踊れるように!でした。2,3ヶ所はチョットつまずきそうなところがありましたが、もの哀しく優雅に踊れるのではないでしょうか。 「青葉城恋唄」では広瀬川、七夕かざり、青葉通りを気持ちよく想像してもらえたかどうか少し心配です。後半のふくらませはよかったと思うのですが。ピアノの音色が、とてもきれいな曲でした。 「あすという日が」は、歌詞の情景を思い浮かべてもらえたのではないでしょうか。 高音と低音の織り成し部もすばらしく、合唱曲としての盛り上がりがよかったと思います。
江川 猛 『青葉城恋唄 に想う』(2013.05.14)
青葉城恋唄は、シンガーソングライターのさとう宗幸のデビュー曲です。 昭和52年ごろNHK-FMのDJであったさとう宗幸の下にリスナーの星野船一から寄せられた詩にさとう宗幸が曲をつけて生まれた。 歌は、青葉城(仙台城)の城下町仙台の街の美しい情景と切ない恋情を綴った失恋の叙情詩である。 続きは、別ファイルをご覧ください。(『青葉城恋唄に想う』
前塚嘉一 『歌と出会い、人と出逢う』(2013.04.09)
人生を豊かにしてくれるもの、色々あるが、私にとって音楽はそのひとつである。音楽といってもいろいろな分野がある。とりわけ歌には聞く楽しさ、歌う楽しさがある。ひとりで歌うのもいいし、多くの人と歌のも楽しい。 私の世代の少し上の人らに、歌声喫茶があった。その頃は中学、高校時代であったが、聞こえてきた歌は、今も時々口ずさむ。 続きは、別ファイルをご覧ください。(『歌と出会い、人と出逢う』
江川猛 『テネシーワルツ』を歌う(2013.01.11)
テネシーワルツは江利チエミが歌って大ヒットをした曲で知られています。 江利チエミが14歳の時の曲で、1952年に発売されました。 私も小さい頃、口ずさんでいた記憶があります。 原曲は、1946年にピー・ウィー・キングが作曲し、レッド・スチュワートが詩を付けたとされています。 続きは、別ファイルをご覧ください。(『テネシーワルツ』を歌う

練習見学のご案内

練習日:毎週火曜日
時  間:午後7時から午後9時
場  所:阪南市立尾崎公民館


都合により練習がない場合もあります。練習日カレンダーでご確認、またはメール・電話でお問い合わせください。


練習日カレンダーはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

スタッフブログはこちら 写真ギャラリーはこちら 団員専用ページはこちら