ブログ

初回のコンサートを終えて by Kawamura

この3月6日、阪南市のサラダホールにて男声合唱団阪南メンネルコールがファーストコンサートを行いました。
コロナの時期、よくぞ実施できたと驚きとともに満足感に酔っております。

団員・その家族・ご指導いただいた先生、サポートいただいた方々の実施に向けての強い思いが、成功の鍵であったと感じております。
皆々様、ありがとうございます。

ところで高齢の私が男声合唱に引き込まれる処は、歌を覚える過程にあるような気がします。
「聞いたこともない歌」の楽譜をいただき、パート別にメロディーの音取り指導を受け、それをICレコーダーに録音します。
音符が読めないため、メロディーを耳から覚える方法で練習を繰り返します。
するとメロディーが耳に馴染んできます。
嬉しくなり練習を続けていますと、楽譜からメロディーが聞こえてくるような気がします。
益々嬉しくなり、この過程を作っている組み立てているようで楽しいものです。

そして作成していただいたバリトンパート全曲入りのCDをくり返し聞きながら歌いました。
でも他のパートとの合唱には不安が残りました。
この辺の難しさが合唱の醍醐味と思っています。

これらを踏まえ日々生活の中に音楽の時間を組み入れ、コロナの日々にも立ち向かえました。

この度のコンサート終盤には、何とか曲りなりに歌えたと自負の気持ちで目頭が熱くなりました。

2022年3月13日 バリトン 川村基次



  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ



  • 
    トップに戻る